男の人

置いてあるものを精密に測る|三次元測定機とは

商品の選び方

機械

三次元測定機は対象についての詳細なデータを得られる便利な機械です。しかし目的に適った三次元測定機を選択しなければ十分な成果は得られません。それでは三次元測定機を選ぶためにはどうすればよいのでしょうか。選び方には様々な基準がありますが、代表的なものとして2つ挙げることが出来ます。まず1つ目は対象物の特徴を基準にする方法です。対象物の特徴には形状、材質、大きさの3つがあります。形状がシンプルであるほど測定難易度は下がりますが、複雑である場合には難易度が上がります。材質は固ければ固いほど測定がしやすくなり、逆に合成樹脂のように柔らかいものは測定が困難です。またサイズが小さいものは顕微鏡、大きなものは大型用三次元測定機が必要になります。このように対象物を基準にすることで使うべき測定器が明らかになります。2つ目は価格です。三次元測定機の購入においてコストは避けては通れない条件なのでしっかりと確認しましょう。一般的に価格の高いものほど良いというイメージがありますが、測定器においては必ずしもそうとは限らず、目的に応じたものを購入することが大切です。例えば、自転車の高さを測りたい場合は必ずしも高精度な三次元測定機が必要になることはなく一般的なメジャーで十分だと言えます。価格を見る際は、まず何のために測定器が必要であるのかを明らかにし、それを達成することが出来る最低限の価格の測定器を基準にするとスムーズに選ぶことが出来ます。

製造業に欠かせないツール

婦人

三次元測定機は部品の三次元の情報を記録するためのツールで製造業に欠かせないものです。三次元測定機では検品の際に部品を傷つけることなく測定することができますし、また既存の部品の三次元データを作成するための情報を簡単に取得することができます。

今後活躍する場が多いです

男の人

三次元測定機は商品や地形などを、立体的に表現できる機械です。レーザーによる測定が主流なので手作業で面倒なことはほとんどないです。ただ、値段も相当高いので、コスパは時期と宣伝効果を見極めながら検討するのが良いでしょう。

三次元情報の必要性

女の人

これまでの三次元測定機は、性能の低いものが多く、得られた三次元情報に頼ることがなかなか難しい状況でした。しかし、現在において正確性が増した三次元測定機は医療の分野などで活躍しています。今後、ますます私たちの日常生活で必要不可欠なものとなるはずです。